トップ >> 講演

講演内容

経営者・一般向け

元CAがそっと教える礼儀作法

経営者として、管理職として、その品格を表す礼儀作法。今さら人に聞くことができないその極意を、客室乗務員経験者の榊原陽子がそっと教えます。

ファーストクラスのお客様に共通するふるまいを紹介し、人の心をわしづかみにして離さない人間としての魅力を表現する方法が学べます。また周囲への心配り・気遣いのスキルを学ぶことで、部下のモチベーションをアップさせることができます。女性の多い職場の離職率を低下することにもつながります。

彼女や奥様をドキッとさせることができるでしょう。

思いやりの心を伝えるホスピタリティー・マナー

物の時代から心の時代へ時代は変化しています。
顧客が満足感や感動を得られるものは「物そのもの」ではなく「その人の心がいかに満たされるか?感動につながるか?」に変わりました。
この満足感や感動を与えられるかどうかが、業績を左右する時代です。
価値観は多様化していますが、人の心の渇望するものは変わりません。

「受け入れてほしい、認めてほしい、大切にしてほしい」この3つの心の渇望を満たすことにより、顧客は心の満足感、充足感を感じます。
スタッフも組織に対し、同様の渇望を感じており、それを満たすことが仕事へのモチベーションにつながります。
顧客やスタッフの心の充足を満たすためのホスピタリティあふれる心の持ち方、それを伝える方法としてのマナーを、ディズニーリゾートの例を交えながら、わかりやすくお伝えします。
ホスピタリティ・マナーを実践することにより、従業員満足度が向上し、離職率が低下、サービス品質の向上をもたらす笑顔あふれるグッドサイクルを実現するしくみが学べます。

イクメンを育てる秘密の方法

働きながら子どもを育てる女性の負担は計り知れないものがあります。統計によると働く女性の夫も専業主婦の夫も、育児・家事を分担する時間はそれほど変わらないとも言われています。

このままでは、女性は「ああ!私ばっかり大変よ!損してばっかりだわ!」の気持ちになってしまい、仕事をすること、子どもを産み育てることに前向きになれない状況になってします。

これを解決するためには、夫をイクメンに育てること。
夫に子育てを体験してもらうことで、その大変さと喜びを共有していきます。

働く女性にゆとりができ、子どもにも優しくなれるのです。
子どもを育てることと並行して、夫をイクメンに育てることも行えば、ラクにワークライフバランスが取れるようになります。

家事・育児をほとんどやらなかった夫・・榊原輝重が、名古屋を代表するイクメンに育つまでの道のりをノンフィクションでお伝えします。

愛される妻のためのマナーレッスン

愛される妻は夫に対する細やかな心遣いにあふれています。
妻が夫を尊重すれば、夫は妻を尊重します。
また家庭は社会の最小単位。両親がお互いに尊重していれば、それは自然に子どもたちに伝わります。

笑顔あふれる家庭は、妻であるあなたの笑顔と細やかな心遣いで決まります。
いつも太陽のように明るく輝く妻でいるためのとっておきのレッスンです。

学生向け

女子のみなさん、働いて幸せになろう

現在、30歳男性の2人に1人は結婚せず、30歳女性も3人に1人、結婚していません。結婚できたとしても3組に1組は離婚。専業主婦になれる確率はそのうちの5分の1と言われています。この先はもっと少なくなるに違いありません。

さらに、運良く専業主婦になれたとしても、終身雇用制度が崩壊しているため、夫がいつリストラに合うかもしれません。そんな今、確実に女性が幸せになるための一番簡単な方法は、働き続けるという人生を選ぶこと。

榊原陽子の一見、華やかに見える人生も、働き続けるという人生を選んだおかげで数々の困難を乗り越えてきたストーリーをお話しすることにより、女性のキャリアに一石を投じます。

ページの先頭へもどる