2021年6月17日

刺激と反応の間に

刺激と反応の間にスペースを作ること。

つまり、

イラっとしたり、カッときても、

一時停止ボタンを押してから、行動に移すこと。

保護者の方から嬉しいコメントをいただきました。