2018年1月31日

財務省東海財務局様にて

本日は、財務省東海財務局様にてワークライフバランス時代のタイムマネジメントについてお話をさせていただきました。

男性管理職の方が多かったのですが、とても楽しくワークをしてくださり、なんだか私も癒されました。

忙しいことに不満を抱えるのではなく、充実した時間になるようちょっと考え方をかえるだけで、ワークもライフももっと楽しくなるはず!

時間は命。

限りはあるけれど、1日1日は平等に与えられている・・・。

今日をきっかけに、新たなな気づきを得られ、さらに幸せな人生を歩んでいっていただけたらな~と思います。

 

一応、本はまだAmazonでは買えるみたい^ ^

販売ページはこちら

20180131-1

20180131-2

20180131-3

20180131-4

 

 

2018年1月26日

2月17日(土) ライフ・ワーク・バランスセミナー開催のお知らせ

2月17日、原田先生が愛知県瀬戸市で講演されます♪

原田先生のファンのみなさま、ぜひ、ご参加くださいませ♡

以下告知文です!

 

あの!日本ハムファイターズから大リーグ、アナハイム・エンジェルスに移籍した

大谷翔平選手を花巻東高校時代に指導していた、

原田隆史氏が講演されます。

 

その指導方法をまとめた「原田メソッド」は

武田薬品工業、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、

三菱UFJ信託銀行、キリンビールといった大企業から中小・零細企業まで、

420社を超える企業に目標達成プログラムが導入され、

多くの成功者を生み出し続けています。

 

原田先生は「成功は技術である」と言います。

「正しい目標達成技術」を知れば、

誰でも目標達成出来るようになります。

 

事実、原田先生は「正しい目標達成の技術」を使って

大阪の無名の公立中学校の陸上部を指導し、

「7年間で13回の日本一」という、

奇跡と呼ばれる結果を出しています。

今回は目標達成と夢の実現について、いかにライフ・ワーク・バランスをしていくかを語ってくださいます。

なんと無料で原田先生のお話が聞けるめったにない機会です。

ぜひ、お越しくださいませ♪

 

日時:2月17日(土)
講座名:「ライフ・ワーク・バランスセミナー ~夢につながるバランス~」
場所:瀬戸市瀬戸蔵2階つばきホール
料金:無料
定員:180名
主催:瀬戸市
企画:NPO法人ファザーリング・ジャパン東海支部

お問い合わせ:瀬戸市役所交流学び課 0561-97-1337

http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2018011100037/

申込:FAXまたはEメールにて
Fax:0561-97-1332
メール:manabi@city.seto.lg.jp

①件名「男女共同参画セミナー」
②参加者氏名(ふりがな)
③住所・電話番号
④Eメールアドレス
以上をお書きの上お申し込みください

詳細は以下のリンクをご覧ください↓

http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2018011100037/

2018年1月23日

娘の留学

今春、高校生になる娘が夏からJ1ビザでアメリカに交換留学することになりました。

予防接種が10本以上、英語で500単語以上のエッセイ、英語で500単語以上のホストファミリーへの手紙、

健康診断書、校長先生のサイン、本人、家族、学校生活、部活動などの写真6枚。

その他もろもろを、年末の合格通知から約1ヶ月で準備しなければなりませんでした。

エッセイと手紙は、娘の役割ですが、普通の中学3年生には書けるはずもなく、

あれよあれよと言う間に英語の先生に手伝ってもらう時間もなく…。

奥の手を使いながら、やっと出来上がりそうです。

仕事で徹夜はしませんが、こればかりはやらねばなりませんね。

詳しくはブログを立ち上げて書きたいところですが、今はちょっと無理です…。

でもこの苦労を分かち合うためにもホントは書きたい^^;

これからまだ、原稿を一本仕上げ、イベントの現地打ち合わせの後、今夜は120名の前で講演して、

そして月末の講演の資料を送ってから、明日は東京へ。

気力と根性で2日間だけがんばります^ ^

 

画像は競技かるたの様子です。

20180123-1

20180123-2

2018年1月1日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

振り返れば、昨年立てた目標の85%は達成することができ、皆さまに感謝するばかりです。

本年はまた新たな経験を重ねながら、二度と帰ってこない、「今、この時」を丁寧に大切に過ごしていきたいと思います。

20180101-1