2017年12月28日

*ようこのくじら通信*「知らないうちにかけられている呪いって?」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 11月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日も 女性と仕事の関係性のお話です。
女性は小さいころから、いろんな呪い!?をかけられて、育っているものです。

そういう私も、いろいろな呪いを知らず知らずのうちにかけられて、それが幸せになる道だと思っていたものです。

例えば・・・

「女の子は、勉強ができ過ぎると嫌われるからね」

「妻が夫より稼ぐと家庭不和になるから、仕事はほどほどの方がいいよ」

「女が大学まで行ってどうすんの?」

「優秀すぎる女性は職場にはいない方がいいんだよ。バランス崩すから」

「家は女が守るものだから、自分のしたいことはできないものよ。それが当たり前。」

「子どもは3歳まで、お母さんが見ないと非行に走るよ」

 

そんなことばを親、世間、テレビ、新聞、マンガやドラマからシャワーのように浴びてきたんですよねえ。

意外かもしれませんが、こんなに楽しく働いている私も、時々、その呪いの言葉を感じることがあります。

すべての女性からヘンテコな呪いが消えますように!

それでは、また来月。まだまだ発展途上の榊原陽子でした^^

 

 

2017年12月28日

ホントに飛べた^ ^

サンタさんから届いた今年のプレゼントはニンバス2000!

ホントに飛べた^ ^
スゴイ!

20171228-1

 

 

20171228-2

2017年12月20日

*ようこのくじら通信*「バブル世代の上司と若いスタッフさん」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 10月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日は バブル世代の 上司と若いスタッフさんの関係性のお話です。

バブル世代といわれる 1969 年生まれ(大卒の場合)までの方々は、

「根性出して頑張れば報われる」という経験をしています。

「何度も朝方まで接待をして、家に帰らずそのまま出社したりして、契約を取ったんだ」とか、

「毎月毎月、ノルマが上昇してもう、死に物狂い。月末の一週間は会社に泊まってノルマを達成したんだよね」

とか、様々な武勇伝を聞くと、そのころはそのころで大変だったんだろうな~

若いスタッフのみなさんは、物心つくころにはバブルは崩壊し、

「がんばってもがんばっても報われないお父さん」を見て育ってきました。

お父さんが「長時間、仕事をしていて、全然楽しそうに見えなかった」

「あんなにがんばっていたのに、突然、リストラに遭った」などなど。

「家庭を大切にしたい、趣味を楽しみたい。育休を取りたい」

と若いスタッフさんがいうと、

「気合が足りん」「仕事はそんなに甘くない」と思うバブル世代の上司の方々。

そのお気持ちもわかります。

育ってきた時代背景が違うってことに気づくと、お互い歩み寄れるかも。

それでは、また来月。 就職氷河期 1 年生 ポストバブル世代の榊原陽子でした♪

 

 

2017年12月4日

本日のホスピタリティ報告

始発ののぞみで東京に出かけようとしている月曜日の朝。

人差し指の爪が半分まで割れてしまったので、

何をするのにも引っかかり、かといってちぎってしまうと酷い深爪になりそう…。

絆創膏で補強しようとホームのキヨスクに売っていないか、尋ねてみました。

すると

「すみません。絆創膏、売ってないんです。私のでよろしければ、差し上げましょうか?」

と、忙しい時間にもかかわらず、手際よく絆創膏を分けてくださいました。

きっとこれまで、何度か絆創膏を買いたいお客様がいて、なんとかして差し上げたい気持ちから、

ご自身で準備することにしたのだと思うと、とってもステキな方だなあと思いました。

新幹線のホームのキヨスクの店員さんは、できる人が多いと思っていましたが、さすが!と改めて感じました。

せっかくなので、お茶とおやつも一緒に購入しました。

ちょっぴり、エンジンのかからない月曜日の朝、とてもさわやかな気分にしていただきました。

20170106-1