2018年2月22日

お世話になっていた方が…

私がまだ会社を設立する前から、お世話になっていた方が、45歳の若さで急逝しました。

心筋梗塞だったそうです。

全日空を退職してすぐのこと。失業者向けの訓練で一緒だった失業者友達のご紹介で、高浜市の職員さん向けの研修を担当したのが、最初のきっかけでした。

そしてこの方が社長を務める(当時は常務)高浜市にある会社の研修をさせていただき、コンサル契約につながりました。細いご縁の糸でつながった方でした。

それから14年。

ここ数年は少し、離れていましたが、コンサルタントとして10年以上、たくさんの時間を共有してきました。

マザーリーフを設立したとき、プレスリリースの方法を教えてくださり、実行したところ、

すぐに全国紙に掲載してもらうことができて、嬉しかったな。

当時、まだ社労士としての知識が不安定だった時代、助成金を使って研修をしたいんだけど…と相談をされて、新しい助成金に取り組み、

当時、愛知県でナンバーワンの実績を作ることができたのも、みんな彼のおかげだったかなと思います。これも嬉しかったな。

またトルコにおける日本年に開催されたトルコ航空のイベントで、インタンブール空港にひな人形を飾りに行ったのも、とても嬉しい思い出でした。

あんなに報道陣からフラッシュを浴びたのは、あとにも先にも人生一回限りかなと思います。

会社を辞めて、子育てと仕事でてんてこまいの日々、久しぶりに出かけて行ったイスタンブールは、私がやっぱり海外で仕事をしたいと確信したきっかけとなりました。

素晴らしい女性店長さんたちと、力を合わせて売上を作っていく喜びをたくさん共有することもできました。

今でもみんな大好きな方々です。これもまた嬉しい体験でした。

こんなことになるとは、思っていませんでした。

なんと命は儚いものか…。

お通夜に行くだけで、きちんとご挨拶できなかったけど、彼が、大切にしていた嬉しい思い出、伝わるといいなと思います。

ご冥福をお祈りします。

20180222