2017年12月28日

*ようこのくじら通信*「知らないうちにかけられている呪いって?」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 11月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日も 女性と仕事の関係性のお話です。
女性は小さいころから、いろんな呪い!?をかけられて、育っているものです。

そういう私も、いろいろな呪いを知らず知らずのうちにかけられて、それが幸せになる道だと思っていたものです。

例えば・・・

「女の子は、勉強ができ過ぎると嫌われるからね」

「妻が夫より稼ぐと家庭不和になるから、仕事はほどほどの方がいいよ」

「女が大学まで行ってどうすんの?」

「優秀すぎる女性は職場にはいない方がいいんだよ。バランス崩すから」

「家は女が守るものだから、自分のしたいことはできないものよ。それが当たり前。」

「子どもは3歳まで、お母さんが見ないと非行に走るよ」

 

そんなことばを親、世間、テレビ、新聞、マンガやドラマからシャワーのように浴びてきたんですよねえ。

意外かもしれませんが、こんなに楽しく働いている私も、時々、その呪いの言葉を感じることがあります。

すべての女性からヘンテコな呪いが消えますように!

それでは、また来月。まだまだ発展途上の榊原陽子でした^^