2017年8月4日

息子ゆうま、この2週間の物語

10歳の息子のゆうまが、一昨日、無事、退院しました^ ^

先生を始め、治療に関わったみなさま、仕事で配慮してくださったみなさま、

ゆうまの持つ力とご先祖様のおかげと感謝しております♪

以下、この2週間の物語です。ご興味があればお食事時以外にどうぞ^_^

 

7月22日土曜日午後、まいまい狂言会から戻るとお腹がいたいとゴロゴロしていました。

夕方になっても治らず、夜になって、うどんを食べて即嘔吐。

なんとか寝たけれど、夜中に目が覚めたら、痛くて眠れず。

痛がるけれど、下痢もせず、熱も出ず。

やっぱり気になるので、救急外来へ。

3時に病院について、やっと6時に診察終了。

盲腸かなと思っていたら、結果は急性胃腸炎。検査せず。

下痢もないのに!そんなことあるんだな…。

念のため、月曜日の朝、再度受診するようアドバイスあり。整腸剤をもらって帰る。

日曜日、一日中、お腹が痛いと言っている。

ごはんも食べられないので、経口補水液のみ飲ませつつ。
でも動くと嘔吐。

なでなですると少し、良くなるようだったが、

夜、いた〜いと叫び、その後、発熱。38.8度。

これは只事ではないと思い、朝を待たずに再度、救急外来を受診。

0時に到着、診察、3時に検査。

やっと虫垂炎とわかり、手術室が空き次第、手術と決定。

ところが、手術室が空いて手術が始まったのは、月曜日の夜9時。

終了は11時近く。

結局、ひどい虫垂炎で、破裂してしまい、腹膜炎になっていたらしい。

手術後も、主治医以外の許可で重湯を始めてしまったら、激痛に襲われて結局、腸管麻痺。

痛み止めが切れる度に激痛に襲われ、その度になでなで作業という日々が続きました。

とはいえ、みなさまのご尽力により、無事、元気になり退院となりました。

よくある盲腸とはいえ、ゆうまはなかなか大変な思いをしたことだと思います。

 

今回の学びは

神経質な親と思われてもよいから、気になったら躊躇せずに、救急を受診することの大切さ

疑問に思ったことは、きちんと伝えること。

何か起こってからでは、取り返しかつかないものだなということ

主治医のホスピタリティのおかげで、心が波立つことがなかったこと。

もし、親身になっている感じがなければ、病院に対して違う感情を持ったと思う…。

何はともあれ、よかったです♡

20170804