2016年6月7日

母校での進路講演会


本日は最高に緊張した母校の高校での進路講演会でした。
昨年は、元検事で国際弁護士、ロンドン在住の先輩だったのですが、今年はなんと私。
あまりの格式の違い、とっても不安でした。

品行方正な高校時代を過ごしたわけではなく、勉強せずにバイトして学校を時々サボっていました。お手本にもならない私でしたが、今、こうやって幸せに生きているだけでも、参考になればと思いお話しさせていただきました。
みんな素直で積極的。講演後もたくさん質問してもらうことができて、改めて母校の力を感じました。

自由な校風のおかけで、勉強とは何か、学ぶこととは何か、幸せとは何かを高校時代にじっくり考えることができたことは、今思えば大切な価値ですね。

「奇跡の一枚」と話題となった高校の卒業アルバムの写真をオマケとしてアップします。

2016.6.7① 2016.6.7②