2018年4月26日

*ようこのくじら通信*「女性と仕事の関係性」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 2月号より~

kujira
いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

********

 


さて、本日も女性と仕事の関係性についてのお話。

 

私が生まれ育った東海地方の女性って、結婚したり、子どもが生まれたら、

なんとなく辞めようとか、ラクな仕事に転職しようとか考えている人が、

正直なところ、今でもまあまあ多い・・。

 

でも、ある調査によると、財務省の思惑通り共働きが得をする税や社会保険の制度に変更する場合、

安定的に1000万円以上、夫が稼いでくれれば専業主婦でも大丈夫だけど、

それ以下の場合、税金等が増えて手取りが減ってしまう方向だとか。

 

ちなみに年収1000万円の30代男性は1%。結婚するにはこの1%の争奪戦。

運よく1%と結婚できたとしても、現在の離婚率は30%だから、安心できませんね~

女性はね、補助的な仕事だけではなく、きちんと稼げる仕事をして経済的にも精神的にも自立すれば、

好きな人と結婚できるし、嫌いな人とは離婚できる!

シングルマザーになっても、子どもに余計な心配をさせなくて済む^^

仕事って、女性を自由にする翼なんだね~。

 

榊原陽子でした。

2018年4月24日

ファザーリングジャパン東海 イクボス講座初日!

本日はファザーリングジャパン東海 イクボス講座の初日。

横井理事のコンプライアンスのお話に続き、元祖イクボスの川島理事のお話。

どちらも素晴らしい内容で学びが深まりました♪

今回は私は裏方で、次回はホスピタリティマネジメント イクボスバージョンをお話する予定です。

鈴木しょうこさんのご尽力にいつも感謝しています。

かっこいいボス(男女ともに)が増え、職場がいきいき元気になりますように☆彡

20180424

2018年4月4日

かっこいい管理職になりたい方、ぜひお越しください^ ^

かっこいい管理職になりたい方、ぜひお越しください^ ^

部下のワークライフバランスに配慮し、成果を出すだけでなく、

自らもプライベートを充実させ、人生を愉しむ、

かっこいいボスになりたい紳士、淑女向けの講座が開催されます。

 

ファザーリングジャパンの安藤哲也氏、川島高之氏も大集合。

やらされ感ではなく、みんなが笑顔になる真の働き方改革が理解できます♡

もちろん、私も夫もバッチリ参画しています♪

 

「イクボス塾@東海 ボス編のご案内」

http://fjtokai.jp/main/archives/954

2018年3月30日

*ようこのくじら通信*「日本の男性にかけられている呪いって?」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 1月号より~

kujira
いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

********

 


さて、本日は男性と家事育児の関係性のお話です。

 

イクメン、カジメンが国を挙げて称賛される世の中になりました。

でも日本社会の実態は、戸惑ってる男性も多いんじゃないかなっと思っています。

なぜなら、日本男児は男に生まれたときから、男の呪いをかけられているんですよね。

「男だから泣くんじゃない」とか「長男だから家を守りなさい、親や兄弟の面倒をみなさい」と育てられ、

「男に二言はないだろ」「男だったら愚痴は言わず、だまって行動しろ」と指導され、

「買い物なんか、ご近所に恥ずかしいからやめてよ」と母や妻に自由な買い物を阻止され、

結婚したら、「妻子を養えないと、男として恥ずかしいぞ」「所帯を持ったら、もっと稼がないといけないね」

「結婚したら、これで仕事に集中できるな」などと、上司に言われているものです。

実際のところ、「男だから、〇〇しなければならないこと」は、今の世の中、ほとんどないんですよね。

性別に捉われることなく、個人のそれぞれの得意分野を生かして、パートナーで助け合えれば

女性の2倍と言われている男性の自殺者1万3000人の命を救えるかも・・・?。

最高のイクメン、カジメンの夫に恵まれている榊原陽子でした。

2018年2月23日

*ようこのくじら通信*「上司はいつも部下に片思いなんです」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 12月号より~

kujira
いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日も上司と部下の関係性のお話です。

日本の経営者さんたちも、多くの上司の方々とお話していると、

部下の人たちに成長してほしいな~とか、いつも元気でいてほしいな~とか、

もっと大雑把にいうと幸せになってほしいな~と思っている人が、ほとんどだといつも思うんです。

でも、上司のことが好きな部下ってあんまり見かけなくって、どちらかというと嫌いで、

批判や愚痴や文句を言っている人の方が、多いなって感じます。

「上司はいつも部下に片思い」なんですよね。

部下の「成長の機会になるように」、「同じ失敗を繰り返さないように」、

せっせと指導したり、注意をしたりするんだけど、残念ながらその気持ちは通じない。

部下のことをもっと知りたくて、食事に誘ってみるものの、つい説教してしまい、

さらに嫌われてしまうこのジレンマ。

そしてこの片思いは、成就することはない・・・。

立場の違いの溝は、とっても深い・・・

 

それでは、また来月。榊原陽子でした。

 

 

2018年1月31日

財務省東海財務局様にて

本日は、財務省東海財務局様にてワークライフバランス時代のタイムマネジメントについてお話をさせていただきました。

男性管理職の方が多かったのですが、とても楽しくワークをしてくださり、なんだか私も癒されました。

忙しいことに不満を抱えるのではなく、充実した時間になるようちょっと考え方をかえるだけで、ワークもライフももっと楽しくなるはず!

時間は命。

限りはあるけれど、1日1日は平等に与えられている・・・。

今日をきっかけに、新たなな気づきを得られ、さらに幸せな人生を歩んでいっていただけたらな~と思います。

 

一応、本はまだAmazonでは買えるみたい^ ^

販売ページはこちら

20180131-1

20180131-2

20180131-3

20180131-4

 

 

2018年1月26日

2月17日(土) ライフ・ワーク・バランスセミナー開催のお知らせ

2月17日、原田先生が愛知県瀬戸市で講演されます♪

原田先生のファンのみなさま、ぜひ、ご参加くださいませ♡

以下告知文です!

 

あの!日本ハムファイターズから大リーグ、アナハイム・エンジェルスに移籍した

大谷翔平選手を花巻東高校時代に指導していた、

原田隆史氏が講演されます。

 

その指導方法をまとめた「原田メソッド」は

武田薬品工業、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、

三菱UFJ信託銀行、キリンビールといった大企業から中小・零細企業まで、

420社を超える企業に目標達成プログラムが導入され、

多くの成功者を生み出し続けています。

 

原田先生は「成功は技術である」と言います。

「正しい目標達成技術」を知れば、

誰でも目標達成出来るようになります。

 

事実、原田先生は「正しい目標達成の技術」を使って

大阪の無名の公立中学校の陸上部を指導し、

「7年間で13回の日本一」という、

奇跡と呼ばれる結果を出しています。

今回は目標達成と夢の実現について、いかにライフ・ワーク・バランスをしていくかを語ってくださいます。

なんと無料で原田先生のお話が聞けるめったにない機会です。

ぜひ、お越しくださいませ♪

 

日時:2月17日(土)
講座名:「ライフ・ワーク・バランスセミナー ~夢につながるバランス~」
場所:瀬戸市瀬戸蔵2階つばきホール
料金:無料
定員:180名
主催:瀬戸市
企画:NPO法人ファザーリング・ジャパン東海支部

お問い合わせ:瀬戸市役所交流学び課 0561-97-1337

http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2018011100037/

申込:FAXまたはEメールにて
Fax:0561-97-1332
メール:manabi@city.seto.lg.jp

①件名「男女共同参画セミナー」
②参加者氏名(ふりがな)
③住所・電話番号
④Eメールアドレス
以上をお書きの上お申し込みください

詳細は以下のリンクをご覧ください↓

http://www.city.seto.aichi.jp/docs/2018011100037/

2018年1月23日

娘の留学

今春、高校生になる娘が夏からJ1ビザでアメリカに交換留学することになりました。

予防接種が10本以上、英語で500単語以上のエッセイ、英語で500単語以上のホストファミリーへの手紙、

健康診断書、校長先生のサイン、本人、家族、学校生活、部活動などの写真6枚。

その他もろもろを、年末の合格通知から約1ヶ月で準備しなければなりませんでした。

エッセイと手紙は、娘の役割ですが、普通の中学3年生には書けるはずもなく、

あれよあれよと言う間に英語の先生に手伝ってもらう時間もなく…。

奥の手を使いながら、やっと出来上がりそうです。

仕事で徹夜はしませんが、こればかりはやらねばなりませんね。

詳しくはブログを立ち上げて書きたいところですが、今はちょっと無理です…。

でもこの苦労を分かち合うためにもホントは書きたい^^;

これからまだ、原稿を一本仕上げ、イベントの現地打ち合わせの後、今夜は120名の前で講演して、

そして月末の講演の資料を送ってから、明日は東京へ。

気力と根性で2日間だけがんばります^ ^

 

画像は競技かるたの様子です。

20180123-1

20180123-2

2018年1月1日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

振り返れば、昨年立てた目標の85%は達成することができ、皆さまに感謝するばかりです。

本年はまた新たな経験を重ねながら、二度と帰ってこない、「今、この時」を丁寧に大切に過ごしていきたいと思います。

20180101-1

2017年12月28日

*ようこのくじら通信*「知らないうちにかけられている呪いって?」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 11月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日も 女性と仕事の関係性のお話です。
女性は小さいころから、いろんな呪い!?をかけられて、育っているものです。

そういう私も、いろいろな呪いを知らず知らずのうちにかけられて、それが幸せになる道だと思っていたものです。

例えば・・・

「女の子は、勉強ができ過ぎると嫌われるからね」

「妻が夫より稼ぐと家庭不和になるから、仕事はほどほどの方がいいよ」

「女が大学まで行ってどうすんの?」

「優秀すぎる女性は職場にはいない方がいいんだよ。バランス崩すから」

「家は女が守るものだから、自分のしたいことはできないものよ。それが当たり前。」

「子どもは3歳まで、お母さんが見ないと非行に走るよ」

 

そんなことばを親、世間、テレビ、新聞、マンガやドラマからシャワーのように浴びてきたんですよねえ。

意外かもしれませんが、こんなに楽しく働いている私も、時々、その呪いの言葉を感じることがあります。

すべての女性からヘンテコな呪いが消えますように!

それでは、また来月。まだまだ発展途上の榊原陽子でした^^

 

 

2017年12月28日

ホントに飛べた^ ^

サンタさんから届いた今年のプレゼントはニンバス2000!

ホントに飛べた^ ^
スゴイ!

20171228-1

 

 

20171228-2

2017年12月20日

*ようこのくじら通信*「バブル世代の上司と若いスタッフさん」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 10月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて、本日は バブル世代の 上司と若いスタッフさんの関係性のお話です。

バブル世代といわれる 1969 年生まれ(大卒の場合)までの方々は、

「根性出して頑張れば報われる」という経験をしています。

「何度も朝方まで接待をして、家に帰らずそのまま出社したりして、契約を取ったんだ」とか、

「毎月毎月、ノルマが上昇してもう、死に物狂い。月末の一週間は会社に泊まってノルマを達成したんだよね」

とか、様々な武勇伝を聞くと、そのころはそのころで大変だったんだろうな~

若いスタッフのみなさんは、物心つくころにはバブルは崩壊し、

「がんばってもがんばっても報われないお父さん」を見て育ってきました。

お父さんが「長時間、仕事をしていて、全然楽しそうに見えなかった」

「あんなにがんばっていたのに、突然、リストラに遭った」などなど。

「家庭を大切にしたい、趣味を楽しみたい。育休を取りたい」

と若いスタッフさんがいうと、

「気合が足りん」「仕事はそんなに甘くない」と思うバブル世代の上司の方々。

そのお気持ちもわかります。

育ってきた時代背景が違うってことに気づくと、お互い歩み寄れるかも。

それでは、また来月。 就職氷河期 1 年生 ポストバブル世代の榊原陽子でした♪

 

 

2017年12月4日

本日のホスピタリティ報告

始発ののぞみで東京に出かけようとしている月曜日の朝。

人差し指の爪が半分まで割れてしまったので、

何をするのにも引っかかり、かといってちぎってしまうと酷い深爪になりそう…。

絆創膏で補強しようとホームのキヨスクに売っていないか、尋ねてみました。

すると

「すみません。絆創膏、売ってないんです。私のでよろしければ、差し上げましょうか?」

と、忙しい時間にもかかわらず、手際よく絆創膏を分けてくださいました。

きっとこれまで、何度か絆創膏を買いたいお客様がいて、なんとかして差し上げたい気持ちから、

ご自身で準備することにしたのだと思うと、とってもステキな方だなあと思いました。

新幹線のホームのキヨスクの店員さんは、できる人が多いと思っていましたが、さすが!と改めて感じました。

せっかくなので、お茶とおやつも一緒に購入しました。

ちょっぴり、エンジンのかからない月曜日の朝、とてもさわやかな気分にしていただきました。

20170106-1

2017年11月16日

西明石駅^^

本日は初めて、新幹線の西明石駅に来ました。

新大阪で乗り換えるより、ちょっと嬉しいのは、鉄子の血かしら^ ^

20171116

2017年11月15日

耳からうどん生活♪

みなさま、おかげさまでまた歳を重ねることができました。

この記念に耳からうどん生活を始めました。

今日は事務所のみんなにお祝いしてもらい、

夫からは耳からうどんのセットをいただき、ありがたいですね。

これまで、生かしていただけたことに感謝して、

これからもなんとか楽しく豊かな人生を歩んでいきたいと思います。

 

20171115-1

20171115-2

20171115-3

2017年11月13日

捨てる神あれば、拾う神あり。

捨てる神あれば、拾う神あり。

本日、とんでもないミスをしでかしましたが、挽回のチャンスをいただくことができました。

感謝の気持ちがあふれ、何が何でもがんばる!って思えます。

本当にありがとうございました。

それにしても私という人は、やらかしてばかりです。

本当に申し訳ございません。

見捨てずお付き合いしていただけている方々には、感謝の気持ちしかありません。

いつでもどこでも、誰に対しても感謝の気持ちだけは、忘れずに、

失敗を学びに変えて、なんとか少しでも役に立てる人間になりたいものです。

一ミリでも、人様に貢献できるようがんばります!

2017年10月26日

*ようこのくじら通信*「イクメンだのカジメンだのイクボスだの・・」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 9月号より~

kujira

いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

 

*******

 

さて本日も男性上司と女性部下との関係性のお話です。

本日は男性上司の視点から。

最近、イクメンだのカジメンだの、イクボスだの

やたらと家庭での役割を男性が果たすことを推奨されるようになってきて、

男性上司も正直、戸惑っているんですよね。

男の子として育ってきて、小さいころから、将来は働き続けること、妻子を養うことが

なんとなく役割だと思って育ってきたのに、突然、家事と育児もやれやれ!ていわれて、びっくりしちゃっている状態です。
それにリーマンショックの前の時代は、残業するのが美徳であり、

労働時間に捉われず、会社に滅私奉公で働くことが、かっこよくて仕事ができる男だと思っていた。

ここにきて、突然、働き方改革を求められ、残業は悪だ、残業するのは仕事ができない証拠だといわれてしまっている。

そんな価値観の大転換、まるで日本が第二次世界大戦で負ける前と負けた後の違いくらい大きなインパクト。

だから、すぐに男性上司が価値観や行動を変えるのが難しいのは当たり前ですね。

こんな視点で男性上司と女性部下の関係性を考えてみると、ちょっと優しくなれそうです。
それでは、また来月。榊原陽子でした♪

 

 

2017年10月18日

毎日新聞に掲載していただきました♪

今朝の毎日新聞に掲載していただきました^ ^

今の政権に全て賛成できるなら、与党に一票。
そうでなければ、入れるところがないとおもっても野党。
与党を選ぶと国民に全て信任されたと思われますよね^ ^

20171018

2017年9月29日

今週は関西へ♪

今週は月曜日と金曜日に関西へ。
関西在住歴8年の私としては、懐かしい場所。

今日はサロンドクリニック(覆面調査)の報告に行きました。

代表の方から、今までいろんな覆面調査をやってきたけれど、こんなに丁寧にしっかり見てくれたのは初めてだとご満足していただけたようです。
担当者さんにも感動しました♡とおっしゃっていただき、とても嬉しかったです。

やっぱり元CAさんの調査能力は素晴らしい^ ^
感謝です♪

20170929

2017年9月26日

*ようこのくじら通信*「女性部下の視点から見ると・・」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 8月号より~

kujira
いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

*******

さて本日も男性上司と女性部下との関係性のお話です。

本日は女性部下の視点から。

最近、女性活躍推進とかいって、いろいろ活躍することを強いられている女性ですが、

そもそも仕事で活躍したいと思っている女性ってあんまりいないんですよね。

小さいころから、「あなたは一生働くのよ~、夫と子どもを養うのよ~」

と育てられている女性なんて、ほとんどいないんですから。

多くの女性は、なんとなく結婚して、なんとなく子どもを育てて、

なんとなく家事をするんだな~とは思っていますが、

一生仕事をするとは思っていないんです。

にもかかわらず、突然、国策として

「働け、働け、昇進せよ。家事もやって、子どもも産んで育てよ!」

って言われても、

正直「はあ?これ以上がんばるのは無理だって」と思っているものです。

多くの男性は「働くのが当たり前、妻子を養うのがかっこいい」と思っているわけなので、

男性上司はその前提で女性部下を育てようとしても、前提が違うから難しいんです。

そんな視点で上司と部下の関係性を考えてみるとちょっぴりラクになるかも^^

それではまた来月♪ 榊原陽子でした。

2017年9月2日

実は、バンクーバーで…

夏休みのフィナーレを飾ったアメリカ西海岸の旅、実は行けたこと自体が、奇跡でした。
トランジットでバンクーバー経由ロサンゼルスだったのですが、私、なんとカナダ入国に必要なeTAをチェックインまで取っていなかったという、とんでもないことをしてしまいました。
エアカナダのチェックインカウンターで発覚し、それから取得作業開始。手数料は高いけど間違えてはならないと日本語サイトでとったのが仇となり、いつまで経っても認証が届かず。
子どもたちの認証は取れたけど、なぜか私のだけが認証されず、チェックインの締め切り時刻になってしまいました。
エアカナダの地上係員に頼みこみ、カナダ大使館のサイトで再度、ダメ元で申請。
少し飛行機が遅れていたので、待ってくださいました。
最後の最後、まさに締め切る時に、approved!!
のメールが届き、飛行機に飛び乗ることができました。
夫は羽田経由だったので、子どもたちだけ飛行機に乗せるべきか3人とも降りるべきか、とんでもない決断を迫られながらの作業は、かなり厳しかったです。
認証されたときは、抱き合って喜びました。
昨年秋からカナダ入国にはeTAが必要で、トランジットでも必要です。
私もそれに気づきながら、確認しようと思いつつ、旅行前にいろいろと慌ただしく、すっこん!と抜けておりました。
アメリカのESTAを取って安心しておりました…とほほ。
こんな抜けてる私ですが、神様、仏様、ご先祖様のおかげで幸運に恵まれたこと、感謝あるのみです。
精進しなきゃ^ ^
✳︎みなさま、eTAは2週間前には取得しておきましょうね^ ^エアカナダのみなさま、ご迷惑をおかけしました。でもありがとうございます。

20170902

2017年9月1日

今日から2学期

今年の我が家の王子様の夏休みは、凄かった!!

①盲腸の手術に始まり、やっと回復したかと思ったら…

②夏休みのお手伝いとして選んだ果物の切るお仕事→突然のキウイアレルギーによる顔や首などの蕁麻疹でまたまた病院へ。瞼がパンパンに腫れ上がり、別人のよう。キウイの汁がついた手で触ったところが腫れ上がったものの、食べていなかったことが幸い^ ^
アナフィラキシーにならなくてよかった(・・;)
今まで食べ物とかのアレルギーになったことがなかったので、ビックリ!


③アレルギーも収まり、ほっとして、旅行に出かけたら…→バンクーバーからロサンゼルス行きの機内で、 彼はカップヌードルをこぼして左足の付け根に火傷→機内でCAさんがメディカルレボートなるものを書いて、地上係員に通報。車イスがドアサイドに待機していました(・・;)飛行機からそのまま病院へ。水ぶくれがべろっと破れてしまいましたが、幸い軽傷。英語しか通じない場所で、怪我して病院は私も初めて。
ちなみにマイレージの特典航空券でエアカナダ利用だったので、バンクーバー経由でした^ ^

④よし、今日からディズニーランドという朝、突然の腹痛。腸管痲痺のときと同じくらいに痛い!といって号泣。
私も、きゃー!腸閉塞?とドキドキして、お医者さんに往診してもらいましたが、こちらも胃腸炎とのことで、痛み止めを服用して夕方には、収まりました。

そんなこんなでしたが、なんとかランドもアドベンチャーも、オマケに東京に戻ってシーにも行くことができました。

ユニバーサルスタジオハリウッドにも、ワーナー・ブラザーズのスタジオツアー、そしてドジャースタジアムでダルビッシュの観戦にも行っちゃえました。

不幸中の幸いというか、大難は小難というか、いろいろあっても無事、楽しい旅行で締めくくることができてよかったです。

ありがたいありがたい^ ^
今日から楽しい2学期です。

20170901-1 20170901-2 20170901-3 20170901-4 20170901-5

2017年8月22日

*ようこのくじら通信*「何を考えてるのかわかんないんですよ・・」

~FAXメール・メールマガジン「ようこのくじら通信」 7月号より~

kujira
いつもお世話になっております。榊原陽子です。
おかげさまで今月も多くの方々とお仕事をさせていただき
とても感謝しています。
今月もご縁のある皆様と幸せなお仕事ができますように♪

*******

さて、本日も男性上司と女性のスタッフさんの関係性のお話です。

今回は、男性上司の目線から。

よくお聞きするのが、「うちのスタッフさん、何を考えてるのかわかんないんだよね。。。」のひとこと。

詳しくお話をお伺いしてみると、

「いやね、この日はぜったいに忙しくなるってわかってる日に限って、有給申請を出してくるんだよね」

とか

「まだ自分の仕事が終わっていないのに、いつのまにか帰っちゃってる」

とか。

「だから、何を考えてるのかわかんないんですよ。。。」

とのこと・・・。

う~ん、これは、男性上司と女性スタッフさんの間に起こる「アルアル」ですね ^^

もちろん、具体的な解決方法はありますし、しかもその方法は 100 万通りある!というか、

とってもたくさんあるって私は思うんです。

でも、その解決策を探すよりも前に、

スタッフの方にこんな思いを持っているんだという気持ちを話せる場所があると、

気持ちがスッキリしてとってもいいのではないかなと思いました。
意外に、まわりの方も同じような思いを持っていらっしゃったりするので、一度、

「こんなこと思ってんだけどさー」

な~んて、みなさんでお話してみると、

少し気もちが楽になって、スタッフさんとの関係性もよくなったりする、かも?

ぜひ、試してみてくださいね。

ではまた来月~。榊原陽子でした 。

2017年8月4日

息子ゆうま、この2週間の物語

10歳の息子のゆうまが、一昨日、無事、退院しました^ ^

先生を始め、治療に関わったみなさま、仕事で配慮してくださったみなさま、

ゆうまの持つ力とご先祖様のおかげと感謝しております♪

以下、この2週間の物語です。ご興味があればお食事時以外にどうぞ^_^

 

7月22日土曜日午後、まいまい狂言会から戻るとお腹がいたいとゴロゴロしていました。

夕方になっても治らず、夜になって、うどんを食べて即嘔吐。

なんとか寝たけれど、夜中に目が覚めたら、痛くて眠れず。

痛がるけれど、下痢もせず、熱も出ず。

やっぱり気になるので、救急外来へ。

3時に病院について、やっと6時に診察終了。

盲腸かなと思っていたら、結果は急性胃腸炎。検査せず。

下痢もないのに!そんなことあるんだな…。

念のため、月曜日の朝、再度受診するようアドバイスあり。整腸剤をもらって帰る。

日曜日、一日中、お腹が痛いと言っている。

ごはんも食べられないので、経口補水液のみ飲ませつつ。
でも動くと嘔吐。

なでなですると少し、良くなるようだったが、

夜、いた〜いと叫び、その後、発熱。38.8度。

これは只事ではないと思い、朝を待たずに再度、救急外来を受診。

0時に到着、診察、3時に検査。

やっと虫垂炎とわかり、手術室が空き次第、手術と決定。

ところが、手術室が空いて手術が始まったのは、月曜日の夜9時。

終了は11時近く。

結局、ひどい虫垂炎で、破裂してしまい、腹膜炎になっていたらしい。

手術後も、主治医以外の許可で重湯を始めてしまったら、激痛に襲われて結局、腸管麻痺。

痛み止めが切れる度に激痛に襲われ、その度になでなで作業という日々が続きました。

とはいえ、みなさまのご尽力により、無事、元気になり退院となりました。

よくある盲腸とはいえ、ゆうまはなかなか大変な思いをしたことだと思います。

 

今回の学びは

神経質な親と思われてもよいから、気になったら躊躇せずに、救急を受診することの大切さ

疑問に思ったことは、きちんと伝えること。

何か起こってからでは、取り返しかつかないものだなということ

主治医のホスピタリティのおかげで、心が波立つことがなかったこと。

もし、親身になっている感じがなければ、病院に対して違う感情を持ったと思う…。

何はともあれ、よかったです♡

20170804

2017年7月20日

CAネットワーク3周年パーティ

月曜日は私が理事を務めるCAネットワーク3周年パーティでした♡
何から何まで手作りの会でしたので、不行き届きな面もありましたが、みなさまのおかげで、とても充実した時間になりました♪
これからもCAの経験を生かし、より穏やかで温かく平和な社会を目指していきたいと思います。
このご縁を活かして、ますます羽ばたいて参ります。
この日を迎えられたこと、心より感謝いたします。支えてくださったみなさま、本当にありがとうございました^ ^

20170720-1 20170720-2 20170720-3 20170720-4 20170720-5 20170720-6 20170720-7 20170720-8

2017年7月10日

中部経済新聞さんに…

今朝の中部経済新聞さんに、弊社がご紹介されいてると友人のコンサルさんが教えてくれました。
記者さんは限られたスペースに上手にまとめてくださって、いつもすごいな~と思います。
女性がもっと輝く職場が増えますように♡

20170710

2017年6月26日

本日のお仕事

本日はこちらに参りました。
やっぱり観光地はなんか楽しい^ ^
うまくいきますように♪

20170626

2017年6月24日

心が温まる5つのホスピタリティストーリーが決定いたしました。

みなさま、お待たせいたしました。
7月17日(祝)に新橋で開催される
「一般社団法人CAネットワーク3周年パーティ」
その中のメインイベントはホスピタリティストーリーの発表です。
みなさまから20件ほど集まったホスピタリティストーリーの中から、厳正な審査により、5つのストーリーを、パーティでご紹介することになりました。
当初は3つの予定でしたが、どれも素晴らしく、絞り込むことが、非常に困難でした。
そこで協議を重ねた結果、お一人 3分程度で5名の方にお話していくことで決定いたしました。
選ばれた5名の方には、当日の発表に向けて、いくつかご準備していただきたいこともございます。
改めて、ご連絡しますので少々お待ちくださいませ。
それでは、発表します。
ダカダカダカダカダカダカダカダカ ダン!!
心が温まる5つのホスピタリティストーリーは
相原あすかさん 「救急車の中で」
宇都宮弘子さん 「ブレスレット」
岡 麻紀さん  「ある整骨院のお話」
松原 亜衣子さん 「お世話になった小学校」
馬渡 恵さん  「マンションのおばちゃん」
以上の5名の方です。
本当に素敵です。
心があたたくなったり、感動で涙があふれたり・・・
みなさま、本当にありがとうございます。
みなさんにとてもとても感謝です。
残念ながら当日の発表の場がない方のお話も素晴らしいものばかりでした。
それでは、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
まだまだ参加者、大大募集中です。
ぜひ、ご参加くださいませ♡

https://goo.gl/7QcNaf

20170624

2017年6月22日

「ある院長のラストレター」出版記念講演会

昨日は大好きなmeds 医業経営サポーターズの皆さんと一緒に、コンサルティングファーム様の主催による「ある院長のラストレター〜小説で学ぶクリニックの事業承継」出版記念講演会でした♪

弁護士、司法書士、税理士、行政書士、そして社労士のチームですが、堅い雰囲気は一切なく、とても楽しくためになる素敵な講演会でした♪

私は、共著者の一人として参加させていただけただけで、とても光栄です。
たくさん売れて、次も続くといいな〜と思います。

20170622-1 20170622-2

20170622-3 20170622-4

20170622-5

20170612

2017年6月20日

たくさんの心温まる感動ストーリーが集まりました♪

CAN3周年パーティまであと、1ヶ月を切りました♡
ホスピタリティを伝える会にしたいので、ホスピタリティストーリーを募ったところ…
こんなにたくさんの心温まる感動ストーリーが集まりました♪
ご応募されたみなさまに深く深く感謝いたします。
この中から厳選したストーリーをパーティでご紹介したいと思います。
ぜひお楽しみに♡
お申し込みなどの詳細はこちら

https://goo.gl/7QcNaf

20170620

2017年6月18日

「ある院長のラストレター」病院管理学ジャンルで3位獲得

すごいな~アマゾンで3位だそうです。
ニッチな分野とはいえ、とてもうれしいです。
ほんとにほんとにみなさんのおかげです。
素晴らしい♪

20170612

2017年6月15日

東京逓信病院にて

本日は接遇とホスピタリティマネジメントについて、こちらでお話しさせていただきました。
日経メディカルで連載している私のコラム読者の先生からのご依頼です。
医療現場で働くみなさまが、いきいき元気に誇りを持ち、日々の業務に取り組んでいただけると嬉しいなと思います。
そしてこういうカタチでお声かけいただけること、本当にありがたいです♪
さあ、名古屋に帰ろう♡

20170615

2017年6月12日

「ある院長のラストレター」

共著ですが、3冊目の本です。
我が社にも、到着しました♡
6月20日に発売になります♪
おもしろくてためになる事業承継をテーマにした小説です。
舞台はクリニックですが、医療機関以外でも充分、応用が利くお話ですよ〜。
6月20日以降に、買えるようです。
よろしければ、楽天ブックスかAmazonで^ ^

20170612

2017年6月7日

CAネットワーク3周年記念パーティ開催のお知らせ

この度、一般の皆様にもお集まりいただけるパーティを企画しました。
30名を超える 現役 元CAが集まり、ホスピタリティのすばらしさを体感できる素敵なパーティです。
こころが温まるストーリーとCAにより最高おもてなしでみなさまをお迎えいたします。
ご紹介があればご参加いただけますので、ぜひ、この機会にみなさまとお会いしたいです。
お会いできますことを楽しみにしております。

https://goo.gl/LC9ifD

CAN2

2017年5月30日

ホスピタリティあふれるストーリーを募集中♡

【ホスピタリティあふれるストーリーを募集中♡】

一般社団法人法人CAネットワークでは、ホスピタリティあふれるストーリーを募集しています♪
優秀作品としては選ばれた方は、一般社団法人CAネットワークの3周年パーティで、プレゼンテーションを実施し、来場者様の投票で最優秀賞として表彰されます。
豪華プレゼント、商業出版の書籍でもご紹介される予定です♪
あなたの出会ったホスピタリティストーリー(400字程度)を当協会にお寄せください。ぜひパーティでご紹介し、会場に感動でお包みくださいませ♡
3名の方にお話していただく予定です^ ^
応募先 support@c-a-net.com
ストーリー、お名前、連絡先を明記願います。
パーティの参加者も絶賛、募集中。
ぜひ、お友達と一緒にご参加くださいませ♡
【一般社団法人CAネットワーク3周年記念パーティのご案内】
一般社団法人CAネットワークの設立3周年を記念して、パーティを開催することになりました。
これまでの3年の活動を振り返り、オリンピックイヤーに向けてこれからの3年の方向性を発表させていただきたいと思っております。
私どもは、現役客室乗務員と元客室乗務員の会員300名で形成される一般社団法人でございます。ホスピタリティ精神を広げることで、世界の平和に貢献していきたいという志で設立いたしました。
パーティでは、ホスピタリティあふれるストーリーの発表をはじめ、お越しになったみなさまに感動のおもてなしを提供いたします。
ホスピタリティ、オリンピック、日本文化、旅、飛行機、観光などにご興味なる方であれば、どなたでもご参加いただければと思います。男性も大歓迎です。もちろんCA以外の女性のみなさまにもたくさんお越しいただき、ホスピタリティの輪を広げて参りたいと願っております。
ホスピタリティあふれるメンバーで
最高にホスピタリティあふれる伝説のパーティを企画して
ホスピタリティのすばらしさを伝えるパーティです。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
※ 大変申し訳ございませんが、ご紹介者のある方のみの参加を受け付けておりますので、ご紹介者のお名前をご明記の上、お申込みいただければ幸いです。
※Facebookをご利用の方は参加をポチっ押していただきましたら、こちらからお振込先などを明記したメッセージをお送りします。
Facebook以外の方はsupport@c-a-net.comに参加希望とはお名前、連絡先を明記したメッセージをお送りいただければ、改めてこちらからご連絡いたします。
■日時 平成29年7月17日(祝) 11時~14時
■場所 第一ホテル東京
〒105-8621 東京都港区新橋1丁目2−6
電話: 03-3501-4411
■内容 CAネットワーク報告会の後、立食パーティ
■参加費 12,000円(消費税込)
事前振込をお願いします
■主催 一般社団法人CAネットワーク
http://c-a-net.com/

20170530-1

20170530-2

20170530-3

2017年5月25日

東京に来ています。

本日も東京に来ています。
名古屋→三田→蒲田→横浜→名古屋というルートです^ ^
午前中は楽しく本場のプロトコールを学び、午後はしっかりオシゴトできました♪

20170525

2017年5月24日

CAネットワーク 3周年記念パーティー開催のお知らせ

7月17日11時~CAネットワーク 3周年を記念してパーティを開催することになりました。
男性の方、CA以外の方もぜひ、ご参加くださいませ☆彡
私どもが最高のホスピタリティでお迎えいたします。
※ご紹介制とさせていただきますのでご了承くださいませ♡

https://goo.gl/LC9ifD

CAN2

 

2017年5月19日

ホスピタリティパーティー打ち合わせ♪

今朝は名古屋を6時には出て、九段下→品川→代々木→静岡と来て、先ほど東京 日本橋に到着しました。
品川では、7月17日海の日のランチタイムに開催されるCAネットワークの仮称 ホスピタリティパーティーの打ち合わせ。
とってもステキな会になりそうで、楽しみです♪
CA以外の方も、男性もウェルカムです^ ^
ホスピタリティで、家庭も会社も日本も世界も穏やかで平和に気持ちよく過ごしたい方と時間を共有できれば、嬉しく思ってます。
ご興味のある方、日程、キープをお願いします。
場所は第一ホテル東京(新橋)
とっておきのホスピタリティに出会える♡
ステキなパーティー。
お楽しみに♪

20170519

2017年4月24日

ホスピタリティ報告

ホスピタリティコンサルタントの榊原陽子です。
新幹線に乗ると素敵な殿方に会えることが多い私ですが、先日もホスピタリティあふれる方にお会いすることができて、とても幸せな気分になりました。
土曜日の早朝、東京に向かう新幹線に乗り込んだ時のことです。
朝、慌てていて、メイクが中途半端のままで、出かけてしまったこともあり、鏡で顔をチェックしようとコンパクトを開けた瞬間にバサーッ!
パウダーファンデーションが割れてしまっていて、膝の上にひろげていた書類の上とスカートの上にドバーッとファンデーションが溢れてしまいました。
やみくもに払って、スカート生地の中に粉が入って取れなくなったら困ると思い、茫然として固まっていると…
隣の素敵な殿方が、売店の袋から、ご自分の飲み物を取り出し、「これ、使います?」と渡してくださいました。
おかげさまで、スカート生地に塗り込むことなく、パッパと払って、袋の中に粉を入れることができました。
とかく公共の場で他人に関心がない人が増えているといいますが、こうやって温かい気遣いをしてくださる方に出会えるととても幸せな気分になります。
ホスピタリティはみんなの心を平和にしてくれる素敵なものですね♪
改めて感じました♡

2017年4月6日

どこでもできる!休暇のすすめ

今月の愛知県経営者協会の月刊誌に、寄稿させていただきました。
休暇はますます重要なものになっています。
必要なとき、取りたいときに取れれば、働く意欲は自ずと高まるものです^ ^

20170406-1

20170406-2

2017年4月3日

まいまい狂言会

今年もまいまい狂言会あります♪
7月22日土曜日です。
チケットの購入はお気軽にお声かけくださいね♡

https://www.facebook.com/maimaikyougen/?fref=nf&pnref=story

20170307

 

2017年3月28日

日経メディカルオンラインで週間ランキング1位獲得

日経メディカルオンライン「榊原陽子の覆面調査ルポ」
なんと昨日のランキングと週間ランキングで一位を獲得しました^ ^
びっくりしました!
嬉しいです。
お読みくださった方、シェアをしてくださった方、出会った事例の全てに感謝です。
5月には医療経営の共著が出版される予定です^ ^

20170328-3

20170328-4

2017年3月28日

イクボス取組事例集にご紹介いただきました

愛知県イクボス事例集にご紹介いただきました。
名だたる企業様に混ざって掲載していただいて、とても嬉しいです。
FJの皆様のおかげです。
人生が豊かになるような働き方ができる社会になるようにこれからも行動していきます♪

20170328-1

20170328-2

2017年3月23日

日経メディカルオンライン 2位にランクイン

ホスピタリティコンサルタントの榊原陽子です。
昨日の日経メディカルオンラインの記事、ランキングは2位でした。テーマは[近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む]
院長先生のお悩みを解決してお話。

http://medical.nikkeibp.co.jp/TOPF0000.action

20170106-1

2017年3月20日

第6回can認定ホスピタリティアドバイザー養成講座開催

第6回 ホスピタリティアドバイザー養成講座まで、あと1カ月となりました。
あなたもホスピタリティで世界平和を目指す仲間になりませんか?
今、活躍の場がどんどん広がっています。
ホスピタリティあふれるみなさまとご一緒できるのを楽しみにしています♪

https://goo.gl/JaEUPd

CAN

2017年3月13日

オーベルジュ ド リル ナゴヤ

今夜は労務コンサルティングを3年以上させていただいているIT企業の社長様のお誘いで、フレンチへ。
関与し始めた頃は残業が月60時間を超える方もいらしたのに、秋からの取り組みで今月は全社員の平均残業時間が15時間になりました。トップの決断は、スピードが全然違いますね。
もちろん売上も好調で、本当に素晴らしいです♪
素敵なサプライズのケーキもいただきました。
社員さんの幸せこそ、私の幸せです。
9年ぶりのオーベルジュドリルナゴヤ。

とても素晴らしかったです。

20170317

2017年3月11日

豊田市にて

豊田市の素敵なはたらき女子のみなさんに、お話しさせていただきました^ ^
とても意識の高い女性ばかりで、豊田市の未来は明るい!と感じました。
ますます自分らしく輝いてほしいものです。
このような機会を下さった豊田市男女共同参画センターのみなさんにも感謝です♡

20170311

2017年3月9日

今日もお仕事頑張ります

今日も元気^ ^
富士山も美しい♪
楽しくサクサクお仕事、頑張ります♡

20170309

2017年3月7日

子ども狂言教室 受講生募集のお知らせ

まもなく締め切りです!お申込みお急ぎください♡
7月22日(土)は記念すべき第10回まいまい狂言会。
その舞台に上がるチャンスとなる子ども狂言教室の受講生を募集しています。
小学生または中学生の方なら、どなたでも応募できます。
能楽堂の本物の舞台での経験は、かけがえのない親子の思い出になるはず。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ^ ^

https://www.maimai-kyougen.com/?mobile=1

今年は第10回を迎えるまいまい狂言会。
親子で本物の狂言、日本の文化を体験する機会としてママたちが企画して始まりました。第1回のときは0歳だったユーマも今では10歳。
早いものですね。

20170307

2017年3月4日

イクボス研修セミナーで事例紹介

ちょうど一ヶ月前に、主催者側としてイクボスセミナーを開催した国際センターで、今度は登壇者としてイクボス事例紹介。
なんだか不思議なご縁を感じます。
また新たな気づきと出会いがあり、感謝の一日です。
マザーリーフの取り組みもまだまだ発展途上ですか、一つ一つ積み上げていきます♪

20170304-1

20170304-2

20170304-3