トップ >> CS(顧客満足)を上げるには

CS(顧客満足)を上げるには

皆様の会社は、商品やサービスを利用してくれる顧客に対して、特別な対応を行っていますか?
既存顧客の満足度を高めることは会社にとって重要です。CS(顧客満足)が高まれば、その分、紹介率やリピート率が上がり、売上アップに繋がります。では、どういった行動を起こせばCSを上げることができるのでしょうか。こちらでは、CSを上げるために必要なことを考えてみます。

顧客に特別感を届ける

リピーターとして会社の商品やサービスを何度も購入・利用している顧客ほど、特別感を届けることが大切です。特定の条件を満たした顧客のみが受けられる割引サービス、特別な顧客だけが参加できるイベントを企画して実施することで、顧客に特別感を届けることができます。その特別感は、顧客に感動や喜びを与え、CSを上げるのにも効果的です。

予想しないアイデアの提案

人は新しいものに興味を抱き、誰もが味わえる一般的なものにはそこまで興味を抱きません。
興味を抱いてもらうためには、常に顧客目線に立ち提供していることが「本当に顧客のためになっているのか」を、考える必要があります。その姿勢を忘れることなく継続させていくことが、顧客が予想しない素晴らしいアイデアの提案へと繋がります。CSを上げるために必要なこととして心得ておきましょう。

細部にも目を向ける

長期的な目で見て考えた場合、会社が顧客に与える商品やサービスの価値と、顧客が会社に与える金銭的対価は、ほとんどバランスが取れているはずです。分かりやすく表現すると、地道に価値を与え続ければ、顧客は売上という形でお返しをしてくれるということです。

既存顧客をフォローし、満足度を高めるために印刷ではない手書きのはがきや感謝の気持ちを込めた内容を、メールで送るのも良いでしょう。このような細部にも目を向ける配慮により、一見すると小さな取り組みでも、その積み重ねが大きな見返りとなって戻ってくるのです。

マザーリーフでは、そんなCSを上げるのにお役立て頂けるマナー接遇研修や覆面調査、講演講座・セミナーを行っております。マナー・接遇研修のメニューには、個々のお客様に合わせたカリキュラムを作成する法人向け研修(ホスピタリティ・スクール)、マナー・コミュニケーション講師養成、ホスピタリティ・コンサルティング養成講座、マナーレッスンなどが受けられる一般向け研修とあります。

接客における教育研修としても最適なサービスを提供しておりますので、詳細に関して興味がありましたら、ご紹介しているコンテンツにも目をお通しください。

ページの先頭へもどる